おたまやの商品は、ひとつひとつ丁寧に作り上げております。ご注文いただいてから出荷まで、通常3営業日程度お時間を頂戴いたします。お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。フリーダイヤル 0120-23-0055

【重要】消費税増税に伴うご案内

青肌豆(青大豆)の簡単レシピ

トップページ>青肌豆(青大豆)の簡単レシピ

ひたし豆や豆ごはんを作ろう!青肌豆(青大豆)レシピ集♪

山形ひたし豆の簡単レシピ  超簡単ひたし豆レシピ 青肌豆・豆ごはんの簡単レシピ

青肌豆(青大豆)の簡単レシピをご紹介!

山形ひたし豆は、4人分のレシピを紹介していますが、ご家庭によって食べる分だけの青肌豆を使用し、お好みで味を付ければ出来上がりです。

青肌豆・豆ごはんは、とても甘く食感にも優れた大粒の青肌豆と、ごはんとの相性が抜群です!枝豆の豆ごはんとは違いをお楽しみください!

国産の青大豆は大変貴重です。お求めやすくなった、“山形県産100%青大豆” 青肌豆(300g袋詰め) 」、「 徳用1Kg袋詰めをご使用になりますと、材料を用意する手間がかからず、なおかつ最高の材料で本格的な青肌豆(青大豆)料理をお楽しみいただけます。

 

山形ひたし豆の簡単レシピ

山形ひたし豆(数の子入り)

ひたし豆レシピの材料

※材料は4人分の目安です。

  • 青肌豆(青大豆)・・・1カップ
  • 数の子・・・100g程度
  • しょうゆ・・・大さじ2杯
  • お酒・・・大さじ1杯
  • みりん・・・大さじ1杯
  • だし汁・・・1カップ

※乾燥豆ですので水に浸すと約3倍に膨れます。基本的には、食べる量だけをご使用下さい。

手順・1青大豆を吸水させます

お鍋に水3カップで一晩浸します青大豆を軽く水洗いしてから鍋にいれ、3カップ強ほどの水に一晩浸します。(目安は8時間位)

手順・2数の子の塩抜きをします

◎時間がある場合は、薄い塩水(水1リットルに対して塩小さじ1程度)に一晩浸して、塩抜きをします。好みの塩気になるまでこれを繰り返します。これは「呼び塩」とか「迎え塩」と言われ、うまみを最も逃がさずにすむ脱塩方法です。
◎急ぎの場合は、ビニール袋の中に真水を入れ、その中に数の子を入れます。そして、しゃかしゃかと振ります。塩気を確かめながら水を替えて何回か繰り返すと短い時間で塩抜きができます。
※塩抜きを急ぎすぎると、苦みが出てしまいます。その場合は、塩抜きの時より少し濃いめの塩水に1〜2時間浸すと苦みが消えます。

手順・3青大豆を軟らかく煮ます

一晩浸した青肌豆翌日、青大豆が膨れているのを確認したらそのまま火にかけ、弱火で5分〜8分ほど煮ます。
好みにもよりますが、煮すぎると「ひたし豆」としては食感が悪くなってしまいます。
好みの柔らかさになったら火を止めます。

手順・4煮た青大豆の水気を切ります

ザルにあけて水気を切ります。そのまま軽くあら熱を取ります。

手順・5味付けします

保存容器に、しょうゆ、お酒、みりん、だし汁を合わせます。そこに青大豆を加えます。さらに、塩抜きをした数の子の薄皮をむき、食べやすい大きさに手でちぎって入れます。青大豆と数の子が全部ひたひたに浸かるようにします。

手順・6冷めたら出来上がり!

そのまま冷蔵庫で冷やします。2〜3時間ほどで味がしみこみますので、皿に移して完成です!
最高の青大豆を使った「山形ひたし豆」のお味はいかがでしょうか?

 

ひたし豆に最適な青肌豆♪
ひたし豆に! 最高の青大豆!

超簡単ひたし豆レシピ

超簡単ひたし豆!

大豆をひたして、茹でて、かけるだけ!青肌豆のたれで超簡単レシピ♪

※乾燥豆ですので水に浸すと約3倍に膨れます。基本的には、食べる量だけをご使用下さい。

手順・1吸水させます

青肌豆を軽く水洗いしてから鍋にいれ、大豆の約3倍量のお水を入れ一晩浸します(目安は8時間位)

お鍋に青肌豆の約3倍のお水で一晩浸します
拡大をする

手順・2茹でます

よく水を吸った青大豆をそのまま鍋に移し、火にかける。沸騰したら弱火にして、塩を小さじ1杯入れて5〜8分程度茹でる。

注)基本、お好みの硬さで茹でますが、ゆで過ぎますと、風味が損なわれますのでご注意願います。

一晩浸した青肌豆
拡大をする

 

手順・3茹で汁を切り、冷水で〆る

茹であがった青肌豆をざるにあけて冷水で〆る。
その後ボウルに再度入れて、豆が隠れるくらいに冷水を注ぐ

注:ボウルに浸した、茹でた青肌豆はその日の内に消費して下さい。
冷水で〆て浸す
拡大をする

手順・4おたまや特製 青肌豆のたれをかける

冷水で〆た、青肌豆を小皿に盛りつけ
多少水を含んだ状態(たれを入れた時に薄める役割)で行う。
そして、【青肌豆のたれ】を少量注ぐ!
お好みで調整して下さい。

おたまや 青肌豆のたれをかける
拡大をする

手順・5おたまやのひたし豆が完成

お好みで数の子(塩蔵の場合は水だしをして)を入れると、さらに美味しく出来上がります。
数の子なしでも【青肌豆のたれ】で美味しくお召し上がり頂けます。

美味しい浸し豆の完成!!
拡大をする

 

おたまやの青肌豆のたれ

ひたし豆に最適 青肌豆のたれ

 

青肌豆・豆ごはんの簡単レシピ

豆ごはんレシピの材料

※4人分の材料です。

  • 青肌豆(青大豆)・・・90グラム
  • 米・・・3合
  • お酒・・・大さじ1杯
  • 塩・・・小さじ1杯
  • 出汁昆布・・・10センチ

※乾燥豆ですので水に浸すと約3倍に膨れます。基本的には、食べる量だけをご使用下さい。

手順・1吸水させます

青肌豆を軽く水洗いしてから鍋にいれ、3カップほどの水に一晩浸します。(目安は8時間位)

お鍋に水3カップで一晩浸します
拡大をする

手順・2茹でます

よく水を吸った青大豆をそのまま鍋に移し、火にかける。沸騰したら弱火にして、塩を小さじ1杯入れて20分程度茹でる。

一晩浸した青肌豆
拡大をする

 

手順・3茹で汁を切る

茹であがった青肌豆をざるにあげて茹で汁を切る。

手順・4炊飯器に入れ、水加減を調整する

炊飯器に洗ったお米を入れ、通常の水加減に合わせる。

手順・5材料を加え、炊く

軽く水ふきした出し昆布と青肌豆、酒を加え、炊飯器のスイッチを入れます。

手順・6炊きあがり、蒸らしたら完成!

炊き上がったら、軽く混ぜて蒸らし、お茶碗に盛り付けて完成です!

 

豆ごはんにも最適♪
豆ごはんに! 最高の青肌豆!

 

青肌豆(青大豆)関連情報

お正月には欠かせない逸品!

青肌豆は生豆(乾燥品)です。食べたい分量を一晩(約8時間)ほど水に浸けておきます。翌日には水を吸って約2.6倍に膨れます。鍋で5〜10分ほど、お好みの硬さになるまでゆでます。その後ザルで湯切りをしてパッーと塩をかければ枝豆風に!また、麺つゆを原液のままたらして数の子を入れれば、お正月には欠かせない「山形のひたし豆」ができあがります。

独自ルートで卸価格を実現!

当店は生産農家さんへ直接買付けをお願いすることにより、新鮮で甘みのある青肌豆(青豆)を卸価格でお客様にご提供いたしております。